脊柱管狭窄症 股関節がいたーい!

60代の男性 脊柱管狭窄症と診断されて、

股関節が痛くてしびれるとのこと。

3回目のご来院です。

長年の蓄積したゆがみなので

一回で全てがなおるわけではありませんが

だんだんと楽になってこられたそうです。

今回は股関節の変形を直します。

ゆがみを追っていき、

ゆがみの先端に器械をセットします。

お客様「触って痛い箇所がわかるんですか?」

そうです!

指先って、訓練すれば誰でも、服の上からでも

ゆがみがわかるようにできています👆

ゆがみの先端に器械をセットすると

イタ気持ちいい感覚です。

一定の力で押し続けていると、

痛さはなくなっていき、

ゆがみがなおっていきます。

施術後、股関節のゆがみはスッキリし

立ちやすくなったそうです!

この「立ちやすくなる」、

言葉の意味はわかるけど、

普段なかなか耳にしない言葉だと思います。

骨のゆがみがなおると

無駄な筋肉を使わず骨で立つことができるので

立ちやすくなります。

他にも、膝や足首もなおすと

「立ちやすい」「歩きやすい」「走りやすい」

ようになります。

運動をしておられる方にもオススメです🏃

さて、今回は股関節のほか、

腰椎の並びをなおしましたが、

次回は腰椎の「縮こまり」をなおします。

シェアする

フォローする