健康保険と整体と

山形の整体 まほろば骨格調整です。

昨日の記事に関連して

医師に検証していただくきっかけになるか?

健康保険と整体の関係について書きます。

ご存知の方は「知ってンよ!」ってお話。

私も整体に興味を持つまでは詳しく知らなかった

お話です。

ご承知のように整体は健康保険が効きません。

健康保険が効くのは

病院

接骨院

医師の紹介を受けた鍼灸・あん摩

です。

病院は言うまでもないので割愛します。

接骨院(整骨院)の資格は柔道整復師といいます。

柔道整復師による治療には、健康保険の対象となる場合と、ならない場合があります。

健康保険の対象となる場合
急性などの外傷性の打撲・捻挫・および挫傷(肉離れなど)・骨折・脱臼
※骨折・脱臼については医師の同意が必要です(応急処置を除く)

全国健康保険協会 > 健康保険ガイド > 柔道整復師(整骨院・接骨院)のかかり方

はり・きゅうの施術について、下記の1、2 の両方の要件を満たす場合にのみ、健康保険の給付の対象となります。

1.対象となる傷病であること
神経痛・リウマチ・五十肩・頸腕症候群・腰痛症・頚椎捻挫後遺症

2.医師がはり・きゅうの施術について同意していること
医師による適当な治療手段がなく、はり・きゅうの施術を受けることを認める医師の同意がある場合です。

全国健康保険協会 > 健康保険ガイド > はり・きゅうのかかり方

あん摩・マッサージの施術について、一定の要件を満たす場合は、「療養費」として健康保険の対象となります。

医師があん摩・マッサージの施術について同意していること
筋麻痺・関節拘縮等の症状が認められ、その制限されている関節の可動域の拡大と筋力増強を促し、症状の改善を目的として、あん摩・マッサージの施術が必要と医師が同意している場合に限ります。

あん摩・マッサージ施術を受ける場合の注意事項
定期的に医師の同意が必要です。
健康保険を使って継続して「あん摩・マッサージの施術」を受けるには、3ヵ月ごとに同意が必要です。

全国健康保険協会 > 健康保険ガイド > あん摩・マッサージのかかり方

医師免許、柔道整復師、鍼灸師、

あん摩マッサージ指圧師はいずれも国家資格です。

鍼灸、あん摩は医師の紹介があった場合のみ

健康保険の適用を受けられて、

それ以外は自由診療(整体と同じ)となります。

さて、それらに対し整体というと

整体とは、日本語では主に手技を用いた民間療法、代替医療を指す。現在、俗に用いられる意味では、カイロプラクティック(脊椎指圧療法)に似た骨格の矯正(主に脊椎)を目的とした手技療法を指して使われることが多い。脊椎・骨盤・肩甲骨・四肢(上肢・下肢)など、からだ全体の骨格や関節の歪み・ズレの矯正、骨格筋の調整などを、手足を使った手技と補助道具で行う技術およびその行為を指しているという意見もある。

https://ja.wikipedia.org/wiki/整体

西洋医学以前からあった日本古来の手技療法と

アメリカのカイロプラクティックなどが

組み合わされて、現在では様々な整体法が

あります。

ちなみにHSTI骨格調整法は

カイロプラクティックの考え方から派生しています。

カイロプラクティックはアメリカ、イギリス、

カナダ、オーストラリア、EU諸国など約40カ国で

資格として法制化されていますが

日本では国家資格にはなっていません。

身体が痛くなったり不調になった場合は

まず病院に行き

痛み止めなどの薬を服用して

それでも良くならない場合、

接骨院に行ったり整体に行ったりします。

さらにそれでも良くならない場合、

手術、というのが多くのケースだと思います。

必要な手術を否定はしませんが

避けられる手術なら避けた方が良いのは

医師含めどなたにも共通する認識と思います。

健康保険の効かない整体である

当院に来ていただく以上、

最終防衛ラインだと思っています。

自分自身が病院にかかってもダメで、

様々な治療法を試した結果

巡り逢ったHSTI骨格調整法です。

自信を持って施術させていただきます。

シェアする

フォローする